So-net無料ブログ作成
検索選択

公務員 作文試験 例文 マイナンバー [公務員試験]

テーマ「マイナンバー」
平成28年1月のから社会保障、税、災害対策の行政手続に必要になるマイナンバー。これまで、日本では年金健康保険等の全ての番号は、それぞれの管轄機関でバラバラに管理していました。マイナンバーが導入されると、全国のあらゆる公的組織でまったく同じ番号によって個人情報が管理されることになり、行政手続がスムーズになるメリットがあります。
個人情報を一括で管理できるということは、逆にいえば情報をまとめて手に入れられるということでもあります。マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の手続のために、国や地方公共団体のみならず、勤務先、金融機関等にもに提供するものです。特定の人物の情報を簡単に確認できるようになってしまうので、プライバシーを侵害されるおそれが出てきてしまうのです。実は、マイナンバーの導入は実は何十年も昔から検討されていました。ただ、プライバシー保護の観点からこれまでは導入が見送られてきていました。しかし、マイナンバー導入によるメリットの大きさを考慮して、今回の導入に踏み切ったのです。
マイナンバーを安心・安全に活用するためには、制度面とシステム面の両方から個人情報を保護するための措置を講じる必要があると考えます。制度面の保護措置としては、法律に規定があるものを除いて、第三者がマイナンバーを含む個人情報を収集したり、保管したりすることを禁止する必要があります。この件については違反者には重い罰則も用意されており、しかっりと対策されています。システム面に関しては、マイナンバーの管理システムにアクセスする人間を制限したり、個人情報を扱うサーバーと接続するパソコンネットワークで他の業務用パソコンと繋がない。等の対策が必要になるでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。